エコエネルギー事業

よくあるご質問

皆さまから寄せられた疑問・質問、解決します

エコエネルギー事業についてよせられたご質問をご紹介します。

Q1. エネファームはどんな仕組みですか?
A1. 水(H2O)に電気を通すと水素(H)と酸素(O)に分解されますが(水の電気分、エネファームが利用するのはこれと逆の原理です。水素と酸素を化学反応させて電気をつくります。
また、発電の際に発生する熱を利用してお湯をつくります。
Q2. エネファームの購入(設置)を検討しているのですが、
どうすればよいですか?
A2. まずはお気軽に土居石油にお問合せ下さい!
お問い合わせフォームはこちら
Q3. エネファームの購入(設置)には国の補助金が適用されると
聞いたのですが?
A3. 2009年度から、エネファーム購入(設置)支援のための補助金制度がスタートしました。
詳細は、一般社団法人 燃料電池普及促進協会(FCA)のホームページをご確認ください。
Q4. エネファームはどんな家にも設置できるの?
マンションへの設置は可能ですか?
A4. 一戸建てタイプのお宅で、設置スペースや配管・配線経路を確保できれば設置できます。
また、現在のお住まいにエネファームを設置する場合には、分電盤の取付工事等が必要です。
Q5. エネファームってメンテナンスは必要なの?メンテナンスの対応は?
A5. 消耗品については定期的に交換が必要です。いつも快適にご使用いただけますように、定期交換や万が一の故障修理には、全国をカバーするENEOSグループのメンテナンス網が対応します。
Q6. 家庭で使う電気のうち、エネファームで何割程度まかなうことが
できるの?作った電気は電力会社に売ることができるの?
A6. ご家庭の使用状況や季節によって異なりますが、一般的なご家庭の約6割をまかなうことができます。電力需要が大きいときなどは、電力会社からの電気も併用して利用します。売電はできません。
Q7. 停電時もエネファームの電気は使えるの?
A7. 運転中のエネファームは、停電後、一定時間の待機運転ののち停止します。
エネファームは起動時に電力を使用するため、一旦停止したエネファームは、停電している間はご使用いただけません。
今後は、自立運転機能を持たせ停電時の利用についても研究・検討を進めていきたいと考えております。
Q8. エネファームの運転方法は?
A8. 各ご家庭の電気と熱の需要量に応じて異なるため一概には申し上げられませんが、お客様の生活パターンに合わせて運転する、学習運転機能がついています。典型的な運転パターンとしては、毎日、朝スタートして夜に停止する運転を想定しています。
Q9. エネファームってどのくらいのお湯を貯めることができるの?
A9. 貯湯槽には約65℃のお湯を200L貯めることができます。これを約20℃の水道水と混合して、お風呂に約40℃のお湯を供給したとすると、お風呂約2杯分に相当します。
Q10. エネファームで使う水素は危なくないのですか?
A10. 水素ガスは、可燃ガスであることは事実ですが、発電ユニットの中で水素ガスの形で存在するところは一部分で、一度に流れるガスの量も少量で、圧力も高くないので危険はありません。また、水素が発電ユニットの外に漏れ出さない構造になっています。
なお、これまでの運転でも、水素由来による事故は全く起きておりません。
Q11. エネファームはCO₂を全く排出しないのですか?
A11. エネファームは、水素と空気中の酸素の化学反応により発電しますが、LPガスから水素を取り出す過程でCO₂が発生するため、全くCO₂を排出しないという事はありません。また、貯湯ユニットのお湯がなくなった時は、バックアップ給湯器が作動するため、その際にもCO₂を排出します。
しかし、発電と排熱回収を合わせた総合効率が高いため、既存のシステムに比べて大幅にCO₂を削減できます。
Q12. 購入時の費用は、光熱費の低減で回収できますか?
A12. 現段階では、設置先のお客様にとって、投資回収は難しいと認識しています。